高齢期の住宅の寝室の考え方

高齢期の住宅の寝室の考え方

高齢期の住宅の寝室の考え方

年をとってからの寝室は、布団を敷いて就寝するよりも、寝起きが楽なベッド使用に切り替えるほうがお勧めできます。どうしても気になる設計事務所 神奈川←こちらへ。

 

特に、電動で背上げや足上げ、高さ調節ができるベッドを選ぶことです。在宅介護を考える際の利便性や、腰に負担をかけにくいことなどがその理由です。信頼できる神奈川 建築設計事務所業者へ。

 

ベッドを置くことを検討しているのであれば、寝室の広さも考慮する必要があります。詳しく知りたい方は神奈川 設計事務所をご覧ください。

 

車椅子を使用している場合にはベッドの出入り口側に1m、壁側に介護をする人が入れるだけのスペースが必要となります。この広さを基準に考えると、寝室のスペースとしては8畳程度はほしいところです。そしてベッドを置く位置は、歩行困難になったら出入り口に近いところに持っていくようにするといいでしょう。
年を重ねるにつれ、どうしてもトイレは近くなります。お気軽にご相談ください神奈川 建築家←ここから確認

 

そのときのことを考えて、できるだけ寝室とトイレは近づけておくといいでしょう。詳しくは神奈川 デザイナーズ住宅←こちらをご覧ください
隣り合わせにするとより安心できます。浴室との距離も短いと介護が楽になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ